読みやすさのために適宜改行や強調(太字化)を加えています。
(ココログ『としま腐女子のいろいろ読書ノート』から1記事ずつ引っ越し中。発掘できた本は写真を添えます)

2021/05/12

「資質の最上のものが表にあらわれるため」



セイラはニールが会った女性のなかで、

態度が少しも変わらないはじめての相手だった。

ニールの足をはじめて見たとき、表情は少しも変わらず、
哀れみや恐怖や驚きすら示さなかった。
その理由だけでも、ニールが彼女に夢中になるのは予想できたことだった。

セイラの人となりのあらゆる側面を目にするころには、
ニールは彼女にぞっこんになっていた。

そして、セイラといっしょにいると、
ニールの資質の最上のものが表にあらわれるため、
彼女もニールに恋した。

テッド・チャン『地獄とは神の不在なり』(古沢嘉通訳・『あなたの人生の物語』[浅倉久志・他訳]・早川書房 p.399)


[2010年2月 4日 (木)元投稿]
(「ココログ「としま腐女子のいろいろ読書ノート」より引っ越し)




*横浜ワールドコンでサインをいただいた思い出の一冊でもあります。大事にしていたのに変色してきているのがショック。奥付を見たら2003年発行なので、もう18年も経つのですね…。


【関連サイト】
作家さんのファンなのですが、ご本人のサイト等がないので、2007年から自サイト内にゆる~いファンページ(?)を作って情報を記録しています。よかったら合わせてどうぞ。

テッド・チャンさん備忘録(PC仕様のままのページです)

最近の更新は、モバイル表示に対応できるよう、



でも同記事をアップしています。スマホの場合は少し見やすいかもしれません。長文が多めなので、見やすいほうでご覧くださいませ。